ABOUT PROJECT

STAND UP STUDENTS Powered by 東京新聞

Powered by 東京新聞ABOUT PROJECT

いま、わたしたちのまわりで、
起きていること。

毎日の勉強や、遊びに恋愛、就活。普段の暮らしの中では見えてこないたくさんのできごと。環境のことや政治、経済のこと。友達の悩みも、将来への不安も。小さなことも大きなことも全部、きっと大切な、自分たちのこと。

確かなこと。信じること。納得すること。コミュニケーションや、意見の交換。
あたりまえの自由さ、権利。流れてきた情報に頼るのではなくて、自分たちの目で耳で、手で、足で、感動をつかんでいく。

東京新聞『STAND UP STUDENTS』は、これからの社会を生きる若者たちに寄り添い、明日へと立ち向かっていくためのウェブマガジンです。等身大の学生たちのリアルな声や、第一線で活躍する先輩たちの声を集めることで、少しでも、誰かの明日の、生きる知恵やヒントになりたい。

時代を見つめ、絶えずファクトチェックを続けてきた『新聞』というメディアだからこそ伝えられる、『いま』が、ここに集まります。

CONTENTS 01

STUDENT
VOICE

本当に知りたいこと。
わたしたちが伝えたいこと、
聞いてほしいこと。
ありのままの声で。

CONTENTS 01

STUDENT
VOICE

本当に知りたいこと。
わたしたちが伝えたいこと、
聞いてほしいこと。
ありのままの声で。

CONTENTS 01

STUDENT
VOICE

本当に知りたいこと。
わたしたちが伝えたいこと、
聞いてほしいこと。
ありのままの声で。

CONTENTS 01

STUDENT
VOICE

本当に知りたいこと。
わたしたちが伝えたいこと、
聞いてほしいこと。
ありのままの声で。

CONTENTS 02

先輩 VOICE

夢を形にする先輩たちの、
声を届けたい。
ニュースの見方や、
向き合い方。

CONTENTS 02

先輩 VOICE

夢を形にする先輩たちの、
声を届けたい。
ニュースの見方や、
向き合い方。

CONTENTS 02

先輩 VOICE

夢を形にする先輩たちの、
声を届けたい。
ニュースの見方や、
向き合い方。

CONTENTS 03

TALK SESSION

最新のカルチャーを発信する
編集者たちは、
情報とどう向き合い、
どう読むのか。

いま、わたしたちのまわりで、起きてるいること。

2020

08.04

Tue

05

毎日の勉強や、友達やパートナーと過ごす時間、就職活動。
普段の暮らしの中では見えてこないたくさんの大事なできごと。

環境のことや政治、経済のこと。友達の悩みも、将来への不安も。
小さなことも大きなことも全部、きっと大切な、自分たちのこと。

シェアする

CONTENTS 01

STUDENT VOICE

本当に知りたいこと。
わたしたちが伝えたいこと、
聞いてほしいこと。
ありのままの声で。

CONTENTS 02
先輩VOICE
夢を形にする先輩たちの、
声を届けたい。
ニュースの見方や、
向き合い方。

先輩 01

野村由芽

She is 編集長

情報を取捨選択する前に「自分はどんな情報をなぜ必要としているのか?」という自分の状態を知ろうとすることが必要な気がしています。

もっと読む

先輩 02

熊井晃史

プロデューサー / エデュケーター

わかること。わからないこと。身近なこと。遠くのこと。いろんな情報がたくさん集まっている。新聞もそう。そういうものって実は貴重だし、必要だと思う。

もっと読む

先輩 03

中村真暁

東京新聞 記者

「生きづらさ」を抱える人から話を聞き、記事を書いています。社会的な課題は結局、友人や自分につながっている。だから、少しでも小さな声を届けたいんです。

もっと読む

先輩 04

天野清之

面白法人カヤック
クリエイティブディレクター
プロデューサー

大事なのは自己分析。もし、それでも人生悩んだら『サイコロ』で決めましょう(笑)。

もっと読む

先輩 05

cimai

ベーカリー

自分が出会った『ときめき』や『ひらめき』を生かす。『好き』に気づいたらすぐ動く。人の目よりも「本当の自分はどうありたいか」に向き合う。私たちもその途中です。

もっと読む

先輩 06

Seiho

音楽家

SNSに縛られず、いろんな人の話を聞く。検索以外の選択肢にも目を配る。「好きなこと」より「得意なこと」を仕事にしていくといいんじゃないかな。

もっと読む

先輩 07

陳暁夏代

クリエイティブ・ディレクター

「必ず真実が勝つ」。デマが多い社会だからこそ、真実を見極めるために複数の視点を持ち、情報に向き合う。

もっと読む

CONTENTS 03

TALK SESSION

東京新聞電子版と向き合う

東京藝術大学に在学中の2015年にインディペンデントマガジン『HIGH(er)magazine』を創刊し、編集長を務める haru. さん。そして『先入観に縛られない<ニュートラル>な視点』を読者へ届けるというコンセプトで、様々な問題を発信し続けるオンラインマガジン『NEUT Magazine』の編集長・平山潤さん。

才能あふれる2人の『情報との向き合い方』は。コロナ禍でのビジョンは。実際に東京新聞電子版を利用してもらい、その感想を交えながら話を伺いました。

ABOUT TOKYO SHIMBUN

東京新聞電子版について

いつでもどこでも、全国で。
1日約65円の『学割プラン』。
初月無料。
「いま、わたしたちのまわりで、起きていること」を毎日わかりやすく伝える東京新聞電子版。お得な *学割プランなら、月額3,450円の購読料が1,944円に。1日約65円で全国どこでも、海外でも、スマホ・タブレット・PCに確かな情報が届きます。過去記事検索やスクラップ帳などの機能も充実。時代を読む力をあなたの手のひらに。

*大学、短期大学、大学院、専門学校などに在学中の学生が対象。
高校生以下の方は適用対象外となります。

STAND UP STUDENTS powed by 東京新聞

いま、わたしたちのまわりで、
起きていること。

毎日の勉強や、遊びに恋愛、就活。普段の暮らしの中では見えてこないたくさんのできごと。環境のことや政治、経済のこと。友達の悩みも、将来への不安も。小さなことも大きなことも全部、きっと大切な、自分たちのこと。

確かなこと。信じること。納得すること。
コミュニケーションや、意見の交換。あたりまえの自由さ、権利。流れてきた情報に頼るのではなくて、自分たちの目で耳で、手で、足で、感動をつかんでいく。

東京新聞『STAND UP STUDENTS』は、これからの社会を生きる若者たちに寄り添い、明日へと立ち向かっていくためのウェブマガジンです。等身大の学生たちのリアルな声や、第一線で活躍する先輩たちの声を集めることで、少しでも、誰かの明日の、生きる知恵やヒントになりたい。

時代を見つめ、絶えずファクトチェックを続けてきた『新聞』というメディアだからこそ伝えられる、『いま』が、ここに集まります。

シェアする

PAGE TOP
GO TO TOP