ABOUT PROJECT

STAND UP STUDENTS Powered by 東京新聞

Powered by 東京新聞ABOUT PROJECT

いま、わたしたちのまわりで、
起きていること。

毎日の勉強や、遊びに恋愛、就活。普段の暮らしの中では見えてこないたくさんのできごと。環境のことや政治、経済のこと。友達の悩みも、将来への不安も。小さなことも大きなことも全部、きっと大切な、自分たちのこと。

確かなこと。信じること。納得すること。コミュニケーションや、意見の交換。
あたりまえの自由さ、権利。流れてきた情報に頼るのではなくて、自分たちの目で耳で、手で、足で、感動をつかんでいく。

東京新聞『STAND UP STUDENTS』は、これからの社会を生きる若者たちに寄り添い、明日へと立ち向かっていくためのウェブマガジンです。等身大の学生たちのリアルな声や、第一線で活躍する先輩たちの声を集めることで、少しでも、誰かの明日の、生きる知恵やヒントになりたい。

時代を見つめ、絶えずファクトチェックを続けてきた『新聞』というメディアだからこそ伝えられる、『いま』が、ここに集まります。

STUDENT VOICE

相沢亮太

20歳

STUDENT VOICE

もし「自分」だったら
どう思うのか

相沢亮太 20歳

もし「自分」だったら
どう思うのか

最近、一つの問題に対して「主語」が大きくなってしまうことが問題だなと感じています。「私たちは」とか「この国は」とか、主語が大きくなると自分の意見がなくなり、情報を鵜呑みにして、まわりの意見に流されてしまうような気がします。だから、まずその問題の当事者の気持ちに立って「もし自分だったらどう思うのか」を一人称で考えたい。たくさんの人たちの意見に耳を傾けて取捨選択していくのは、それからだと思います。

新聞やニュース、メディアについて
聞かせてください
新聞は他のメディアに比べて歴史も長く、「責任」も大きいけれど「信頼」も大きいと思う。限られた写真と文章量だけで情報を伝えないといけないので、それだけ記者はがんばってるんだなって思います。ソース元のわからないネットニュースは信用できないし、SNS は自分の興味がある情報や自分と似た意見に偏ってしまう恐れがあるので、なるべく新聞社やテレビが発信する情報を幅広く見ようと思っています。
東京新聞の記者に
聞いてみたいことはありますか?
閲覧数や検索順位を上げるために過激な表現をしたりネタ元がはっきりしないネット記事をよく目にするのですが、伝えることに「責任」を求められる新聞記者の方たちは「ネット記事」をどう感じていますか? 不快に感じる部分はありますか?


掲載日:2022年6月9日

※ 後日、記者からの回答があり次第、更新予定です。
GO TO TOP