ABOUT PROJECT

STAND UP STUDENTS Powered by 東京新聞

Powered by 東京新聞ABOUT PROJECT

いま、わたしたちのまわりで、
起きていること。

毎日の勉強や、遊びに恋愛、就活。普段の暮らしの中では見えてこないたくさんのできごと。環境のことや政治、経済のこと。友達の悩みも、将来への不安も。小さなことも大きなことも全部、きっと大切な、自分たちのこと。

確かなこと。信じること。納得すること。コミュニケーションや、意見の交換。
あたりまえの自由さ、権利。流れてきた情報に頼るのではなくて、自分たちの目で耳で、手で、足で、感動をつかんでいく。

東京新聞『STAND UP STUDENTS』は、これからの社会を生きる若者たちに寄り添い、明日へと立ち向かっていくためのウェブマガジンです。等身大の学生たちのリアルな声や、第一線で活躍する先輩たちの声を集めることで、少しでも、誰かの明日の、生きる知恵やヒントになりたい。

時代を見つめ、絶えずファクトチェックを続けてきた『新聞』というメディアだからこそ伝えられる、『いま』が、ここに集まります。

STUDENT VOICE

平石莉里子

20歳

STUDENT VOICE

困っている人たちに
「知るきっかけ」を

平石莉里子 20歳

困っている人たちに
「知るきっかけ」を

大学では社会福祉士になるために勉強しているんですが、学べば学ぶほど貧困による教育格差が気になります。生まれた環境によって学びたくても学べない人たちがいて、“知らない”というだけで社会に搾取されてしまっている。間違った情報を信じたり、偏見を生んだり、自分の権利を守るための制度を知らずに使えないでいたりする。だから、いろいろな人が平等に「知る」ためのきっかけがあるといいなとずっと考えています。私もたくさんの人にあっていろいろ知って、社会で生かしていきたいです。

新聞やニュース、メディアについて
聞かせてください
新聞は実家で読んでいたんですが、世の中で起きたことがすぐに記事になっていて、でも情報が溢れる SNS よりもわかりやすく整理されているなと感じました。1つの記事にもたくさんの人が動いてるんだなということがわかるし、信憑性もあるなって。でも理想を言えば、自分の目と耳で見たり聞いたりして、自分で考えた方がいいんですよね。
東京新聞の記者に
聞いてみたいことはありますか?
今まで記者として仕事をしてきて、自分の考えを変えることになった取材や情報はありますか。その中でも一番影響が大きかった体験は何ですか?


掲載日:2022年8月31日

※ 後日、記者からの回答があり次第、更新予定です。
GO TO TOP