ABOUT PROJECT

STAND UP STUDENTS Powered by 東京新聞

Powered by 東京新聞ABOUT PROJECT

いま、わたしたちのまわりで、
起きていること。

毎日の勉強や、遊びに恋愛、就活。普段の暮らしの中では見えてこないたくさんのできごと。環境のことや政治、経済のこと。友達の悩みも、将来への不安も。小さなことも大きなことも全部、きっと大切な、自分たちのこと。

確かなこと。信じること。納得すること。コミュニケーションや、意見の交換。
あたりまえの自由さ、権利。流れてきた情報に頼るのではなくて、自分たちの目で耳で、手で、足で、感動をつかんでいく。

東京新聞『STAND UP STUDENTS』は、これからの社会を生きる若者たちに寄り添い、明日へと立ち向かっていくためのウェブマガジンです。等身大の学生たちのリアルな声や、第一線で活躍する先輩たちの声を集めることで、少しでも、誰かの明日の、生きる知恵やヒントになりたい。

時代を見つめ、絶えずファクトチェックを続けてきた『新聞』というメディアだからこそ伝えられる、『いま』が、ここに集まります。

STUDENT VOICE

松本歩純

22歳

STUDENT VOICE

自分と違う誰かにも
目を向ける想像力を

松本歩純 22歳

自分と違う誰かにも
目を向ける想像力を

メディアにも見過ごされてしまっている少数派の人たちや教育や貧困の問題でスタートラインにも立てない人たち、声をあげる術がない人たちが、見えてないだけでたくさんいるということを知って胸が痛いです。理解できないことや、 知らなければよかったこともあると思う。知らなくても生きていけるかもしれないけれど、 自分と違うからといって排除したり見てみぬふりをしたりはできない。だから、自分と違う誰かに寄り添うための 『ジャーナリズム』や 『想像力』は大切にしたいです。

新聞やニュース、メディアについて
聞かせてください
寮の仲間と「新聞読みたい」って話になって500円ずつ出し合って購読してます。興味の対象もそれぞれなので意見交換をするのも楽しいです。どうしても自分の意見に近い人だけをフォローしてしまう SNS に比べて、記者の地道な取材でいろんな分野の情報が手に入るのはいいなと思っています。
東京新聞の記者に
聞いてみたいことはありますか?
私は望月衣塑子記者に憧れてジャーナリズムの世界に進もうと決めました。。望月記者にとってご自身の信念となってるものや正義とは何ですか? 日夜取材をしていると思いますが、プレッシャーや批判に信念や正義が揺らいでしまったことはありますか?

※近日中に記者から回答があります
GO TO TOP