ABOUT PROJECT

STAND UP STUDENTS Powered by 東京新聞

Powered by 東京新聞ABOUT PROJECT

いま、わたしたちのまわりで、
起きていること。

毎日の勉強や、遊びに恋愛、就活。普段の暮らしの中では見えてこないたくさんのできごと。環境のことや政治、経済のこと。友達の悩みも、将来への不安も。小さなことも大きなことも全部、きっと大切な、自分たちのこと。

確かなこと。信じること。納得すること。コミュニケーションや、意見の交換。
あたりまえの自由さ、権利。流れてきた情報に頼るのではなくて、自分たちの目で耳で、手で、足で、感動をつかんでいく。

東京新聞『STAND UP STUDENTS』は、これからの社会を生きる若者たちに寄り添い、明日へと立ち向かっていくためのウェブマガジンです。等身大の学生たちのリアルな声や、第一線で活躍する先輩たちの声を集めることで、少しでも、誰かの明日の、生きる知恵やヒントになりたい。

時代を見つめ、絶えずファクトチェックを続けてきた『新聞』というメディアだからこそ伝えられる、『いま』が、ここに集まります。

STUDENT VOICE

富木南葉

18歳

STUDENT VOICE

他人を思いやるために
必要なのは人とのつながり

富木南葉 18歳

他人を思いやるために
必要なのは人とのつながり

小2の時、東日本大震災の原発事故で、大好きな福島の祖父母が避難することに。私は東京にいながらも自分のことのようにショックだったのですが、まわりの友達は「放射能があるから雨に濡れてはダメ」と他人事で、とても傷つきました。でも各地で起こる災害では逆に、どこか他人事だと思っている自分がいて⋯。その後、国際協力機構の研修プログラムやボランティア活動でいろんな国の人と交流する機会が増えて、遠く離れていても価値観が違っても、実際にそこに暮らす人たちと接点さえ持っていれば、お互い困った時に思いやれるし、差別も起きないと考えるようになりました。だから私は、いろんな人と話をして、世界中の人とつながりを持ちたいです。

新聞やニュース、メディアについて
聞かせてください
SNS でニュースを見ることはあるんですが、一番信頼できるメディアは「新聞」だと思います。ただ、私自身はあまり意見を持っていなくて流されやすいタイプなので、偏らないように何紙か読み比べをして、さまざまな角度から吸収するようにしています。
東京新聞の記者に
聞いてみたいことはありますか?
新聞記者の仕事は、立場の異なる人の声を汲み上げる役割があると思います。そこにはどんな難しさがあり、どんなことに気をつけていますか?「これは話を聞くのが難しいな」ということもあるでしょうか。

※ 後日、記者からの回答があり次第、更新予定です。

掲載日:2022年1月14日
GO TO TOP